当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
 従妹(いとこ)が受験のために東京で1人暮らしの僕のアパートへ数日間 泊まりにやってきた。昔は細くて泣き虫だった従妹は十数年ぶりに再会したらとても可愛くなっており、更にはデカ尻に成長していた。そんな従妹はそのデカ尻をいやらしく見せつけながら僕を挑発、興奮させてくる。バックパンチラ挑発、運動する尻見せつけ挑発、尻コキ、尻ザーメンぶっかけ、従妹のエロく育った尻を堪能していく。
 着慣れていない地味なスーツ、ベージュのストッキング、歩きにくい地味なヒール、更に面接のプレッシャーや周囲の期待等、就活時期の女子大生には重圧が一気に襲い掛かりストレスは最高潮。チョットした事でブチ切れて、ストレス発散の脚責めをしまくります。

出会い系サイトでパンスト取引をしてくれる女性は?

出会い系サイトでパンスト取引のターゲットはどんな女性?

 私は、顔見知りの女性にも、見ず知らずの女性にも、「お茶のみにいきませんか?」、「パンスト売ってほしいです!」、「パンスト脚の写真を撮らせてもらえませんか?」などと、声を掛ける勇気なんて無いし、臆病なので断られるのがコワいし、そして何より、容姿が完全にキモオヤジなので、女性に声掛けをするのは無理だと思っています。

 出会い系サイト(出会い系アプリ)なら『旅の恥はかき捨て』みたいに使えるし、失敗をしても恥ずかしいわけでもないので、パンストフェチの欲求を満たすために、素人女性と出会えるツールとして利用しています。

 そこで、「パンストやタイツの取引をしてくれるのは、どんな女性なのか?」をまとめてみました。
 その前に、出会い系サイトでの女性に対する心得みたいなものをすぐ下に書きました。

重要:出会い系サイトの女性の本音

 出会い系サイトを利用している女性の大部分は、私たち男性(特にオジサン)のことをお金をくれる便利な人だと思っています。それは当然だと思います。なぜなら、『何のえんも無い、見ず知らず』の男性とリスクがあるのにもかかわらず会うのだからお金をもらえないなら会う意味がありません。しかしながら、いくらお金をもらえるからといっても、親子ほど歳の離れた私のような変態キモオヤジとパンスト、タイツの取引で会ってくれるのは感謝です。

 会う前も、会っている時も女性に安心感を与えつつ、誠意をもって対応をしていれば、『何の縁も無い、見ず知らず』→→→変化→→→『少しだけ親近感がわき、知らない男性よりは少しだけ安心』に変えることができ、そうなれば次回も会ってくれたりもします。

 『何の縁も無い、見ず知らず』の男性と会ったら、パンストを渡してお金を受け取ったらすぐに帰りたいでしょうね、いや、パンストも渡さず、会うこともせずにお金だけ欲しいのが本音でしょう。
 パパ活女性だとそれが顕著けんちょで、ご飯を食べてお手当(お金)をもらってとっと帰りたいでしょうね、いや、一緒にご飯も食べず、会うこともせずにお金だけ欲しいでしょう。何もせず、リスクも無く、お金だけ欲しいのです。
 げんに、『会わないパパ活』なんて言葉もあったりします。

 好意があるからあなたと会ってくれるのではなく、お金のやり取りがあるからあなたと会ってくれていることを肝に銘じておいたほうがよいと思います。
 このような考え方が頭にあると、女性に近づきすぎずにある程度の距離を保つことができ、良い関係が築けるでしょう。

1.「パンストぐらいならいいか!」と何となく思った女性

 パパ活というものができる前は、パンストゲットで会うのはこのタイプがほとんどでした。

 パンティではなく、パンストという手軽さがゆえ、出会い系に慣れていない本物の素人女性とたくさん知り合えましたし、今現在でも、パパ活を目的にしていないこのタイプの女性と知り合えたらラッキーです!

 パンストやタイツって女性にとって、パンティなどと比べると靴下感覚で脱ぐことができて、気軽さがあるようです!靴下はさらにお手軽に脱ぐことができますが、個人的な好みの関係で、靴下やショートストッキングの取引を希望してきた女性にはパンストやタイツをお願いしています。

 そして、このタイプの女性は私たちが掲示板に書き込んでいるパンストゲットの出会いと目的が完全に合致しているのでドタキャンやスッポカシもほとんど無いので安心です!パンストフェチにとって、とてもありがたい存在ですね!

2.何でもいいからとにかくお金が欲しい女性

 生活が困窮こんきゅうしていたり、遊ぶ金欲しさだったり、とにかく手早くお金が欲しいのでタイミングが合えばすぐに会えてしまいますし、会えてしまえば、こちらの主導権でコトをすすめやすかったりします。

 しかし、とにかくお金が欲しいので、少しでも条件の良い方へり好みをされてしまい、すっぽかしやドタキャンもされることもあります。
 また、ちょっとキツイ女性もちょくちょくいたりします。「今日中に10万円欲しいんですぅ~、なんとかなりませんかねぇ?」とか、「パンストを5足売るといくらになりますか?」とか言ってきたりしますね。

3.普段はパパ活(大人ナシ)目的の女性

 正直、このタイプの女性が出会い系サイトの半数以上を占めているのでは?と思います。

 このタイプの女性は絶対数ぜったいすうが多いので、ハズレも多いけど、中には超お宝もいますので、募集内容の工夫やメールのやり取りなどで見極みきわめると良いと思います!
 そして、『1.パンストぐらいならいいか!と何となく思った女性』よりはだいぶ歩留まりが悪いといえます。

 パパ活と言えば、『大人の関係無し』で食事やショッピングなどをして、男性からお金をもらうというのが多く、本来のパパ活 的な意味合いだと思います。『健全のみパパ活』と言っている女性もいます。
 パパ活とダイレクトに書かれている時もあれば、P活と書かれている時もあります。また、パパ活女子を略して『PJ(ぴーじぇい)』と呼んだりもします。

 出会い系サイトでオトナ無しのパパ活をしようとする女性は、競争相手の女性がかなり多いのでパパ活が思うようにできていない女性がほとんどだったりしますし、当然ながら若い女性ほど有利だと思います。
 30代の女性より、20代の女性のほうが圧倒的に需要があると思いますし、20代の中でもやはり20代前半の女性のほうが男性からの問い合わせが多いと、今まで会った女性たちが言っていました。
 あとビックリするのが、40代以降の女性でも、20代女性よりも厚かましい内容のパパ活希望をされている人もチラホラいるのには、もう笑うしかないといった状況です。。

 出会い系サイトを始める時にパパ活はお金を稼ぐオイシイ方法と夢を見ていたが、頭の中で思い描いていたようにはパパ活ができていない女性が、少しでも収入を得るためにパンストゲットに流れてきたりしています。そのような女性は、『1.パンストぐらいならいいか!と何となく思った女性』よりも多かったりします。

 厄介やっかいなのが、会う約束をしているのにも関わらず、他の男性から本来の目的であるパパ活の問い合わせがあったりすると、ドタキャンをする女性もいたりします。先に約束したほうを優先させるのではなく、条件の良い方を優先する思考回路の為、「すいません、違う日にしてもらえませんか?」などと連絡がきたりするので、ショックを受けないようにしてください!
 このタイプ(パパ活『大人の関係無し』)の女性は、タダめしおごってもらい、なおかつお手当をもらおうとするらくしてお金を手に入れたい金の亡者もうじゃなので、平気でドタキャンをしたり、穿いていなパンストやゴミのようなボロボロのパンスト、拾ってきたかもしれないようなパンストを「今脱いできました!」と言って売りつける女性も一定数いるのでご注意を!

4.普段はパパ活(大人アリ)目的の女性

 う~ん、パパ活と言えば聞こえは良いけど、パパ活といいながらも大人アリだと援助交際と一緒ですね。大人アリのパパ活でも客(男性)をつかまえられないので、パンストに流れてきたりもしますが、個人的には、このタイプの女性のパンスト、タイツなどは欲しくはないですね。

 そして、パパ活(大人アリ)の援助交際を希望しているので、パンストゲットにも高額を要求しがちだったり、「まとめて5枚買ってください!」とか言ってくる女性もいます。
 穿いてきているパンストだけを生脱ぎでA円で買うことにまとまりかけたのに、A円×5枚=5A円で買ってくださいということです。
 パンスト取引に高額を希望するなら、もっと腹をくくって援助でもやっておけよ!と思ってしまいます。

5.普段は援助交際目的の女性

 出会い系サイトを援助交際の目的として利用している女性はそこそこいます。個人で活動をしている女性もいますが、業者が管理している場合が多いです。厳しい言い方をしますがカラダを売ってでしかお金を稼げない女性だったりするので、容姿や性格に難がある場合が多いのが事実で、個人的には、このタイプの女性のパンスト、タイツなどは欲しくはないですね。

 援助交際OKな可愛い女性と出会えるのは本当にまれだと思いますし、そんなに可愛いければ、カラダなんか売らなくても違う方法でお金を稼ぐのでは?と思います。
 ただ、援助交際を始めたばかりの女性の中には可愛い子もいたりしますが、援助交際の数をこなしていくうちに、たくさんのいやな客にあたってしまい援助交際をやめてしまったりします。それでも援助交際を続けている女性は。。。

6.普段はパンストや下着を売る募集をしている女性

 いわゆる『売り子』さんですが、この女性は男性向けの掲示板に、「パンツ売ります!パンスト売ります!」などと書き込んでいる女性で条件が合えば簡単に売ってくれるでしょう。

 ただし、手慣れているし、よりよい条件の男性をり好みしている為、この女性のペースで物事がすすんでしまうので、パンストを受け取って、すぐにお別れだと思います。
 基本は手渡しで、生脱ぎはオプションだと思っておいたほうがよいですね。パンスト脚の撮影も無理だと思うし、オプションで撮影ができたとしても数枚だけしか撮れない だったりするでしょうね。自家発電なんてお願いしようものなら、完全に断られると思うし、もしOKだとしても、これまた、高いオプション代だと思います。

 すでに商売として、活動をしている女性には、出会い系サイトを始めたばかりの男性では太刀打ちできないし、商売に徹しているので、たくさんの男性客に売るために量産的に穿いたものを買うことになると思われます。

まとめ

 1番会いたいタイプの女性は、『1.パンストぐらいならいいか!と何となく思った女性』ですね。出会えたら大当たりです!

 その次は、『3.普段はパパ活(大人ナシ)目的の女性』です。出会い系サイトの中で絶対数が多いので、狙わざるをえないといった状況です。しかし、本文に書いたように、質の悪い女性も一定数いるので注意が必要です。

 いずれにせよ、出会い系サイトのアダルトジャンルの中での出会いなので、『お金ありきの割り切った出会いをしている』んだと、頭の片隅にでも意識しながら会ったほうがいいですね。
※女性が自分(あなた)に好意があるから、連絡先も教えてくれたし、会いに来てくれるんだと勘違いする人が結構いるようで、それは女性からすると身の危険を感じたりするそうなので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました