当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
 従妹(いとこ)が受験のために東京で1人暮らしの僕のアパートへ数日間 泊まりにやってきた。昔は細くて泣き虫だった従妹は十数年ぶりに再会したらとても可愛くなっており、更にはデカ尻に成長していた。そんな従妹はそのデカ尻をいやらしく見せつけながら僕を挑発、興奮させてくる。バックパンチラ挑発、運動する尻見せつけ挑発、尻コキ、尻ザーメンぶっかけ、従妹のエロく育った尻を堪能していく。
 着慣れていない地味なスーツ、ベージュのストッキング、歩きにくい地味なヒール、更に面接のプレッシャーや周囲の期待等、就活時期の女子大生には重圧が一気に襲い掛かりストレスは最高潮。チョットした事でブチ切れて、ストレス発散の脚責めをしまくります。

出会い系サイトで美味しすぎる出会い!

出会い系サイトで美味しすぎる出会い! アイキャッチ画像
この記事を読んで分かること

 親子ほど歳が離れていて、なおかつ、容姿も気持ち悪いオヤジな私なのに、イケメン男性をさしおいて、『なぜ若くて可愛い子や綺麗な女性と会えるのか?』を考えてみました!

 そして、その考え方が、キモオヤジでも『若くて可愛い子や綺麗な女性』と会えるヒントにもなっています!

オジサンなのに若くて可愛い子と会えるのは?!

 パンスト取引でのキッカケで会ってくれる女性は、出会い系サイトを利用している女性全体の中でも可愛さや綺麗さが上位の女性だと思います。

 というのは、
 パンストの取引って、パンツなどの下着の取引もよりも後ろめたさが少なくハードルも低いし、もちろん、身体カラダを売るような実技系(援助交際などの本番やプチ)に比べても断然ハードルが低いです!

 例えば、男性のあなたも、
ブリーフやトランクスを売るよりも、靴下を売る方が抵抗が少ないのではないでしょうか?

 ハードルが低ければ低い出会いほど、あなたのまわりにいるような普通の女の子が来てくれたりします!

 そして、「男性にパンストを売ってもいいかな!」と考える女性は、自分が穿いたパンストでも少なからずの商品価値があると思っている女性が来てくれるし、自分にまったく自信が無い女性は、自分が穿いたパンストが売れるなんて発想がなかったりします。あと、パンストを穿くことが物理的にできないような太った女性もパンストを売ろうと思わなかったりします。
 ということで、自分にある程度の自信がある女性が来てくれるので、それなりにレベルの高い女性と出会えています!

オジサンでも若い女性は会ってくれます!

 私(管理人:パンツマ)は、自他じたともに認めるみにくいい容姿のオジサンですが、そんなキモいオジサンでも若くて可愛い女の子と会えています。場合によってはイケメンな男性よりも、私のほうが若くて可愛い子や綺麗な女性と会えているかもしれません。←当然ながらお金ありきですよ!
 しかしながら、ちゃんとお金を用意しており、ちゃんと支払いをしようとしている若い男性でも、若い女性からは、『若い男性は金払いが悪い』一緒いっしょくたにされてしまい警戒されてしまったりします。

 出会い系サイトを利用する若い女性は、真剣な恋愛をするために出会い系サイトを利用しているのは少数で、パパ活などで「気軽におこづかいをもらえたらいいなぁ~」みたいに軽い気持ちで利用している場合や援助交際のために利用していたりと、とにかく金銭が絡むケースが圧倒的に多いです。

・例えば、
 仮に22歳の女性がおこづかいをもらおうとすると、同年代の20代の男性と会っていても、おこづかいをもらうということがなかなかできないのではないのでしょうか?同年代だとお金のやり取りは無く、ただ遊びに行くだけになるのではないでしょうか?
 同年代の男性からお金をもらおうとすると、それこそ援助交際やプチなど実技じつぎ(エッチなこと)をしないとお金をもらえないと思います。

 上記のことから、お気軽におこづかいを手に入れるために出会い系サイトを利用している女性は、同年代の男性よりもオジサンをターゲットにしたりしています。

 では、なぜ若い男性よりもオジサンをターゲットにしている女性が多いか?を下記に書きます!

むしろオジサンのほうが若い子と会える場合もある?!

 オジサン相手に食事や買い物に付き合ってあげれば、お手当(おこづかい)を簡単にもらえると思っており、パパ活女子が大増殖しています!
 しかしながら、常々、このブログでも書いているように、パパ活を夢見ている女性のほとんどが純粋なパパ活ができていないという実情です。

 パパ活女子に限らず、援助をしている女性なども、同年代の若い男性をターゲットにするのではなく、お金を持っていて、ちゃんと支払ってくれるので、もらいそびれの少ないオジサンをターゲットにしていたります。

 また、援助をしている女性は、若い男性と金銭のやり取りのある援助交際で会ったはずなのに、タダマン(お金を払わずにエッチをする)をされていたりして、若い男性にりてしまっていたりすると、若い男性からメッセージが来ても、やり取りをせずに会わないという女性も多いようです。

 若い頃の私もそうでしたが、若い頃はお金をあまり持っていないけど、とにかくとにかくセックスをヤリたいばかりで、いつも発情していましたよね?! でもお金が無い。。。

 しかし、オジサンになると、自身の若い頃に比べると、セックスに対してガツガツしていませんよね? 私も現在そうですが、セックスができなかったとしても、なんらかの方法(自家発電。あわよくばフェラ)で射精できれば全然OK!というように、本番ばかりにこだわらない『ほんの少しの余裕』があります。

 若い女性から見ると、その『ほんの少しの余裕』ガツガツしていないと感じてくれて安心感を持ってくれたりするので、気持ち悪いはずのオヤジなのに、若くて可愛い子や綺麗な女性と会えてしまっています!

 そして、会ってくれた若い女性の口からよく出る言葉は、「若い男性はガツガツしているから苦手」みたいなことを本当によく言っています。

 女性にはその気が無くても、 若い、若くないにかかわらず男性からガツガツ来られるのが、コワいと感じるし、イヤだそうです。

 簡単にお手当をもらえると思ってパパ活やお金が欲しいので出会い系サイトをしている女性は、お金をもらえなかったということを絶対に防ぎたいので、確実にお金をもらえるであろうオジサンをターゲットにしている女性が多いです。その証拠が私のブログ記事の数々です。

 私と会ってくれた素人女性(←ここ重要)に毎回聞くことがあります。
 「今までどんな男性と会ったの?」とか「今まで会った男性は何歳ぐらい?」とか聞くと、「出会い系で会うのは今日が初めてなんです」とか「40歳ぐらいの人と会いました」とか言います。なかなか20代前半の男性と会ったという話が出てきませんので、「若い男性とは会わないの?」とか聞くと、「彼氏を探しているわけでもないですし」とか「出会いを求めているのではなく、パパ活目的なんです」とか「ガツガツこられるのがイヤなんです」みたいな返事が非常に多いです。

 逆に、援助交際(大人有り)をしている女性ならば、「若い男性と会っていますよ!」とか「オジサンも会っていますよ!」、みたいな感じだと思います。ようは、ガツガツこられようとも、なんとしてでもお金を稼がなければいけないので、客をあまり選ぶことができないのです。

若い男性は、下心を完全に消し去ると天国が・・・

女性に安心を感じてもらい、会いましょう!

 イケメン男性や若い男性が会いたがっている若くて可愛い子や綺麗な女性たちと結果的にキモオヤジなのに会えてしまっていて、誰にも嗅がれたことの無いパンストつま先の匂いパンスト越しの股間の匂いをクンクン嗅げてしまっており、あわよくば、フェラにいくことも多く、さらにその先もあったりします。

 100点満点だとして、セックスが100点・フェラ70点だとすると、
 セックスをやりたいばかりにガツガツしてしまい、せっかくの出会いがゼロ(0点)になるよりも、セックスまでデキなくても、可愛い子のパンストつま先をクンクンするという行為の50点でも良いのではないでしょうか?50点でも獲得すれば、フェラ70点の可能性も生まれますし、セックス100点に発展することもあります。0点の出会うことができなかったでは、何もすることができなくて0点のままです。

 最初から、『セックスをしたい!!』と欲張らずに、とりあえず何としてでも、とにかくとにかく、若くて可愛い子や綺麗な女性と会ってしまえば、成り行きや交渉をすれば美味しい思いをすることができたりします!
 セックスをゴールにするのではなく、パンストつま先を鼻に押し付けてもらいながらの自家発電をゴールにしてみてはいかがでしょうか? セックスをゴールにしてしまっていて誰にも会えないよりは、自家発だけでもはるかに充実していると思います!

 私の場合はパンスト取引がきっかけで会っているので、セックスをヤリたいとか、フェラをしてもらいたいようなガツガツさは無く、下心もあまり感じさせないので、本当に素人女性が会ってくれて、処女も会ってくれたりしますね!

若い男性へのエール

 若い男性こそ、下心を完全に消し去って、女性に安心感を与えることができればヤリたい放題だと、キモオヤジの私は思います。が、しかし、ヤリたい盛りの若い男性でそれをできる人はなかなかいないだろうなぁ。。 若い頃の私にそれを言い聞かせたい!!

めぐり合わせの不思議

 可愛い子や綺麗な女性と会うたびに、この女性とリアルな生活で関わりのある男性たちがシタいと思っていることを私みたいなキモオヤジが実現できているので、その人たちに申し訳ないなぁという気持ちがある一方、ゆがんだ欲望もあり、キモオヤジなのにイイ女と会える優越感みたいなものを感じます。もしも、この女性とリアルの生活で関わりがあったら、こんなことはできないと思うし、つくづくめぐり合わせだなぁ~と思います。

 逆に、私のリアルな生活で関わりがある女性たちも、どこかで私のようなキモオヤジにヤラれてしまっているのかな~とか、イケメン男性に好き勝手やらせているのかな~と思うと不思議な気持ちになります。私が秘かに好意を持っている女性が仕事終わりのパンストつま先をクンクンされていたり、キモオヤジの洗っていないペニスをしゃぶっているのかもしれないなぁ。。と思ったりします。

 私が20代半ばのころ、社内に23歳のメチャ可愛くて秘かにれていた女性(M美)がいましたが、その女性を、私の上司(当時40代後半)が冗談っぽく飲みに誘ったりして、たまにですが二人きりで飲みに行っていました。
 その当時の私は、その二人がエッチなんてしているなんて想像もしていなく、その女性にメシをおごって楽しい時間を過ごしているだけ(今でいう大人無しのパパ活)だと思い、嫉妬心もありませんでした。
 というのは、22歳の女性が、40代後半の男性とは、性的な接触はあるはずがないと当時は思っていました。

 しかし、現在の私は、18歳~24歳ぐらいの激カワ女性とかなり会っており、パンストをゲットして、高確率で自家発電をしていて、さらに洗ってもいないペニスをフェラしてもらうことも多いです。
 現在の私が、当時の上司の年齢を超えてもなお、スレていない若い素人女性との性的接触の多さを考えると、私が惚れていた23歳の女性(M美)も当時の上司が羨ましすぎることをしていてもおかしくないと思えるようになりました。。。

実際に出会い系サイトを実践するには
出会い系サイト 初めての方への説明書
出会い系サイトの初心者は失敗しないで成功する為には何から始めたらよいか、手順、攻略法、ヒント、コツなどのノウハウを出会い系サイト初心者向けに説明をしています。管理人パンツマが実践しているおすすめの出会い系サイトも紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました